お問い合わせフォーム
秋田の住宅リフォームは、住まいの専門店、
増改築・新築・リフォーム 30年 『もちは餅屋へおまかせ!』の奥羽住宅産業株式会社へ
秋田県内どこでも対応 秋田市のリフォーム・大仙市のリフォーム 大町本社と大曲営業所をご利用ください。

私たちは営業のプロでは有りませんので、上手な営業は出来ないかもしれませんが、施工のプロとして満足いただける工事をお約束します

ユニットバス交換工事

 S様邸 ユニットバス交換工事

改 修 前



  

小さな浴槽につめたいタイル。タイルには無数のヒビが入っている状態でした。




工事に入る前に

作業員が通路として使わせてもらう箇所に養生をします。
お客様の大切な家です。傷などを付けないようにしっかりガードします。








解 体 工 事

浴室付近とボイラー室を解体します。



この季節、工事で出るゴミは降り続く雪に埋もれてしまいます。
雪融け後に下からゴミが出てくるのを防ぐ為、ブルーシートを
敷いて養生します。



外壁には断熱材が入っていませんでした。



解体してみると、タイルからしみ込んだ水で、浴室内の土台は
かなり腐食が進んでいました。



腐食具合をみて土台を交換する事にしました。
解体後、新しい防腐剤入りの土台を取り付けます。



お ま け



洗面化粧台の給水管(丸印の箇所)の中が、
錆びて詰まっていました。
お客様が水の出が悪いと言っていた原因はこれです。



アップ写真

管の中が半分ほど錆で詰まっています。
これでは流れが悪いはずです。古い鉄管を
使っているお宅は、このパターンが結構多いです。





内 部 工 事



浴室内の壁に断熱材を入れます。



床下からの湿気防止に、土間に生コンクリートを打ちます。(点線の箇所)
夜に気温がマイナスにならないように練炭で保温をしました。
(コンクリートが乾く前に凍ってしまうのを防ぐ為)



断熱の窓を取り付け、ユニットバスの骨組みを始めます。



外 部 工 事



外壁を貼る為に、壁下地を作成します。



ユニットバスが組み終わるまで、外部はブルーシートでがっちり養生します。



ユニットバス組立



浴室の床から組み立て始めます。
組立はメーカー直属の組立専門員が行います。



どんどん組立てて、



壁パネルを貼ります。



完  成









次の施工事例へ→

  • 奥羽住宅産業リフォーム施工例